お知らせ・ブログ

ブログ

酸素カプセルで妊娠力UP?

2021.09.22

妊娠しやすい体作りの一つには「適度な運動」が必要です。

運動不足は、不妊なるリスクを高めると言われています。
運動不足が続くと体の血流を促す筋肉が減り、血行が悪くなります。そして、子宮や卵巣へ送られる栄養が不足し、冷えを招く原因となり、生殖機能の低下といった諸症状を引き起こす原因に。
さらに、運動不足で代謝が落ちると女性ホルモンのバランスが乱れやすくもなります。

また、逆に過度な運動にも注意が必要です。

過度な運動は活性酸素を余分に増やしてしまい、卵子の老化を早める原因になっていまします。
ちなみに活性酸素の発生原因としては他にも加齢や紫外線、大気汚染、電磁波、たばこ、ストレス、加工食品・食品添加物、飲酒等があります。なので、炎天下の中紫外線対策をせず運動をしたり、ダイエットの為に食事制限しながら短期間に激しい運動をしたりすると活性酸素で老ける原因に・・・。

ちょっと話がズレてしまいましたが「妊娠力」の話に戻します。

妊娠しやすい体作りには、「適度な運動」が必要という事ですが、その「適度な運動」にぴったりなのは「有酸素運動」です。
「有酸素運動」と言えば、ウォーキングやヨガ、ストレッチ、水泳などですが、それらを習慣的に行なうのってなかなか難しい・・・。

そんな方にオススメなのが酸素カプセル!

酸素カプセルに入れば寝ているだけで良質な酸素取り込むことが出来るのでお手軽に有酸素運動効果が期待できます。
また、有害な活性酸素を減らし、血流を改善、成長ホルモン関連因子を高めることで卵胞の発育、卵の老化防止、着床力の向上などが期待されます。

何回行けば妊娠力UPするの?

1回行けば妊娠しやすい体になるわけではありません。
酸素カプセルで取り込んだ多くの酸素はおよそ70時間で元の状態に戻ってしまうと言われています。
なのでもし短期間で妊娠力UPさせたい場合は、1週間に2回程度利用すると最も効果は高くなります。
個人差はありますが、早い人で1か月、遅くても3か月ほどで効果を実感する人が多いです。

妊娠しやすい体づくりに必要な栄養を取ることももちろん重要ですが、その栄養や酸素を子宮や卵巣へきちんと届けるためには血流の改善がとても重要なことなのです。

不妊治療をしてもなかなか妊娠できない人は少なくありませんが、まずは自分の体を妊娠しやすい体に改善することが妊娠への近道だと思います。

妊娠しやすい体づくりのために、当店の酸素ボックスでの酸素リラクゼーション・自動整体マシンでの脊椎メンテナンスをぜひお試しください。